<< 音吹くマルシェvol.15@烏丸御池 | main | 里の駅大原感謝祭! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ここ数日の出来事。
頭の中を整理するための時間をつくれたのが本当に久しぶり!スッキリしました。

事務仕事をいくつか片付け、作付プランを練り直し、無頓着に注文していた消耗品の相見積調べたり。
パソコンの前に座って、こうしてゆっくりとブログを書く時間がつくれたのも大きいですねぇ。

FBは瞬発力があるけど全く何も考えずに更新してしまう、書きたいことはたくさんあるのにね。少しずつupしていこうと思います。


いただきもの。

昨日はいろいろな方からいろいろなモノをいただきました!

ご近所の方からトマトの苗、仕出し屋さんから巻き寿司や鯖寿司、湯葉屋さんから汲上湯葉など、お友達からホッケやお菓子などなど。

うれしいなー!!

ひとつも料理することなく晩ご飯がいただけました(笑)どうもありがとうございます!!


湯葉すげえ!

大原朝市の湯葉屋さんと仲良くなれたのは嬉しいこと。

写真は湯葉。
手前の潰れたような湯葉は汲上湯葉と言います。

豆乳を温めて湯葉を引き上げるのだけど、その温度が上がっていないタイミングで文字通り“汲み上げる”湯葉のことを言うそう。

これはですね…めちゃウマです!食感は舌に絡まるようなねっとりもっちりな感じ。生姜じょうゆでデザート感覚で食べられます。

湯葉屋さんとはおからを通して仲良くなれました。

おからはご存知のとおり豆腐を製造する過程で必ず出てくる搾りカス。食用としての使途もあるがそれはごく一部、現在ではそのほとんどが産業廃棄物や家畜の飼料として処理されているらしいです。

ボカシ肥をつくりたいなぁと思っています。
堆肥として畑全面にまけるほどの期待はまったくもってしていないのですけど、楽しいやんねそういうことして遊ぶの(笑)

その材料としておから。

湯葉とおからが全然結びつかなかったんですけど、畑におからを使わない?と湯葉屋さんからお話いただきまして、あ!おからや!と。

おからはウジがわきやすいので温度管理、水分管理技術の向上が否応なしに求められます。うん、楽しみです!

嬉しいお声がけをありがとうございます(^^)


葉物今。



…さて、お声がけと言えば。

本。

ある新聞社の記者さんが畑を突然に訪ねてくださって貸してくださいました。

その方のプライベートに深く関わるお話なのでお話した内容は詳しくは書けません。

一年前に少しお話しただけの音吹にこそ読んでもらいたいと訪ねてきてくれたこと(僕はお会いしたことをすっかり失念していた…)、そしてその方の今後の人生に音吹が何らかの形で関われるかもしれないこと。

なんと言うのが適切なのか分かりません。
嬉しいでは不謹慎な気がする。ありがたい…が近い、のかな。


その方とお話したのはほんの数分でしたけど、ここのところ考えていた様々な思いが交錯しました。


先日には福島からお友達が再訪してくれました。

放射線量気にしながらの生活のお話、福島で生きていく、それも食や農と関わりながら生きていくというお話などなど。

人が自身の人生の方向を選択する時って、ものすごいエネルギーがいります。被災した方々をはじめ、人生の方向転換を余儀なくされた人たちってたくさんいるのでしょう。

自分で人生を選択することに慣れていない人にとっては、(たとえば被災後)もしかしてなすがままなされるがままに歩んでいる人もいるかもしれないけれど、僕がここのところ出会う人の多くは、それを乗り越えて自分の意思で歩こうとされています。

別に何も転換点は震災だけではなく、ですよ。

そうした方と出会い、そうした方に何らかの形で音吹が関われる・影響を与えることが出来ている(かもしれない)のは“ありがたい”ことなのです。

自分が農と出会い、農に生きていこうと決めたのは100パーセント前向きな気持ちからではありません。誤解のないように言いますが、野菜づくりは楽しいしプライドをもって仕事に挑んでおりますよ。だけど現代ビジネス社会の中ではオレは絶対に生きてけんと、逃げた部分も間違いなくありますもの。

うん。

まぁそんな逃げてしまった弱っちい自分ではあるけど、でもその存在理由みたいなものを見出して頑張っていけるのは、そんなすごい方々が自分を見つけ出してくれて・そして関われて、みたいな動きがわりとたくさんあるからなのかもしれないな。

あのー、僕は正直言うと人付き合いが決して得意なほうではなく、群れてる人がいると離れてしまいたくなるような性格ではありますが、その分個々人とはしっかり向き合おうと努力しますので、人生に農が必要なのかもしれないと思われる方は遠慮なしに頼って来てくださいね。


和音in菜の花畑


菜の花の中を掻き分けるポン。

この笑顔。

さぁ寝ようかな。

(じゅん)
| 雑記。 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:24 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://otofukublog.jugem.jp/trackback/596
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

about us

selected entries

categories

archives

recent comment

mobile

qrcode

links

seach

sponsored links