<< ミサご飯7月5日。 | main | 7月上旬の野菜とミサご飯。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
何を守りたいか?
なんというか…あんまりブログをこういう色で染めるのは抵抗があるのですけれども…。


7月末締め切りで内閣府の【国家戦略室「エネルギー・環境に関する選択肢」】というページからパブリックコメントを募集しています。

僕は…

『一昨年生まれた子供がこれから育っていく時代の事を思うと、万が一の事故が取り返しのつかなくなる危険な原発を我々の世代がすすめてはいけないと思います。未来の日本人に誇れる先祖であるためにも原発ゼロシナリオをすすめてほしいです。自然エネルギーへの転換はこれからの地球にとって必須の課題、今この時点で代替エネルギーを研究し実現に向けた動きを率先していけば、日本はこれからの世界でのエネルギー分野を先導していく立場になれるはずです。もうこれ以上世界に日本の恥を蒔き散らかさない政策を選んでください。』

と書きました。


パブコメって実名や連絡先も記入する必要があるので、公安にマークされるだけのものなんかも…って悪く言うと考えてしまったりするのですけど…でもやっぱり、未来の日本に生きる人に何を残せるのか残したいのか、意見をしっかりと述べておく事がこの時代の日本に生きる人の責任のひとつではないかと思うので。

今までの原発反対運動って左っぽい人達やヒッピーな自然主義者が中心の正直極に傾きすぎた運動で近寄りがたいというか…反対へのエネルギーが体制の全部に中指つきつけろ!的なところがが感じられて、壊した後にどうすんのですか?という疑問がずっとありました。

でも、3.11から大飯原発再稼働に至るまでの動きの主体は、アカデミー会員の坂本龍一教授や広瀬隆さんはじめ、著名人やアーティスト、そして第一次産業に関わる人達、サーファーなどの自然アクティビティに関わる人達をはじめとはするものの、圧倒的多数はホントに一般的な人達じゃないですか。それって、考えてみたらやっぱりそうあるべきじゃない!と思った人達が多い!という結果ですよね。

という事は頭ではそう思ってるけどアクションにうつすのはちょっと…と思う人達はその10倍以上いやもっともっといるんだろうな。

原発がなくなった時にどうすんねん!?現代エネルギーのシステムをぶっ壊して、じゃあその後はどうすんねん!ってそんな疑問を超越してというか帳消しにする、たった一か所の原発が地球に及ぼす危険性を目の当たりにした今、それどころじゃねーやん…とそう思う人達がめちゃたくさん出てきてるって事ですよね。

やっぱりねぇ…僕は京都という大飯原発のホントにすぐそばで生きているのに、関東に住んでる人達が首相官邸前で毎週金曜日にシュプレヒコールあげてる現実―先週は飛び入りで坂本教授も声明を発したとか!この人の存在はホントに救い!世界の教授!YMO!―に、あいつら何やっとんねやヘラヘラ…ではちょっといただけないな、とここのところ強く思っておりまして(>_<)

特に農業なんて仕事をしていると、もし万が一とは言え、大飯原発がどうにかなったら、大原ではもう畑できなくなります。

…それは嫌だ!

そんな理由でいいやないか、原発があるおかげで経済が豊かになってるからオメーのようなボンクラもヘラヘラしながら農業なんて出来るんや!って怒られたとしても、そんな事まで頭がまわらん、それより和音の未来や自分が選んだ農業という生き方を守るためにはどうしたらいいか…を第一に考えて出した答えに従うほうがシンプルでええわいと思うのです。

僕はね。


では、あなたは…??



(じゅん)
| 雑記。 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:09 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://otofukublog.jugem.jp/trackback/557
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

about us

selected entries

categories

archives

recent comment

mobile

qrcode

links

seach

sponsored links