<< キャロットレンジャーとキャロッター。 | main | 映画no.1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
壬生菜
壬生菜


壬生菜

収穫時期:9〜11月



京都の伝統ツケナ。京野菜として全国的には水菜の知名度のほうが断然高いが、京都では壬生菜の人気は根強く生産者も多い。火を通す調理の場合、壬生菜のほうが使いやすい。炒めモノ、美味。少し辛味もあるので漬物などにも使われる。 

丸葉のため、虫食いの様子が水菜よりも目立ちやすい。栽培は、小株どりと大株どりするパターンがあって、大株どりのものはバカでかくてビックリする事うけあい。音吹では2011年にはじめて栽培に着手。調理の幅が広くて、また汎用性もあるので非常に重宝している。


小株どりの種は病害にはあまり強くない?2011年秋のような多雨多湿で低温の時期、炭疽病かべとか白さびかよくわからんが何かしらの病害が一気に広まってしまった。

| 音吹く野菜。 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:09 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://otofukublog.jugem.jp/trackback/508
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

about us

selected entries

categories

archives

recent comment

mobile

qrcode

links

seach

sponsored links